読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記です。Twitter @Japan__America / Insta @ugg_pipipi

愛ってなんなのかな

 

 

 

こんばんは。バタバタしてて更新途切れてました。そしてやっと春休みに入りました!春休みはのんびり彼氏と過ごします。

 

 

さて、早速本題に入ると、私はこっちに来てからずっと思っていることがあります。

 

 

愛って、家族愛ってなんだろう。っていうことです。

 

 

 

実際私は両親が仕事で忙しすぎたためスーパー放任主義の家庭でほぼ祖父母に育てられました。小学校1年生の頃から長期休みはアメリカにお姉ちゃんと一緒にずっと短期留学に行っていて、家族とまともに旅行に行ったのは2回とかだったと思います。

 

そんなこんなで私はこっちに来てから一回も両親を恋しく思ったことがありません。

 

 

他の友達やルームメイトとかが家族と通話してるのを見て、恋しく思わないことはおかしいのかなって何回も真剣に考えました。

 

実際私の両親は私に電話をかけてきません。パパにいたっては一回もかけてきませんね。

 

別に目に見えるものだけが愛を感じられるとは思いませんけど、思いは最低限形にしないと相手には伝わらないのでいくら愛があったとしても私は感じたことはほぼありません。

 

 

でもお金をかけてもらってるから愛があるに違いない。って思ったんですけど、必ずしも 愛=かけてもらったお金 ではないなと。留学させてもらえてるのは本当に感謝でしかないですし、幸せなんだと思います。他の人に比べたら。大学留学を決意する/できるような環境にも本当に感謝しています。でもだからと言ってそれが愛だとは限らないと思うんですよ。留学したくてもできない人から見たら本当に贅沢だと思われるかもしれませんが、誰かの絶対的な存在であるっていうことを感じられないのはアイデンティティー的にも苦しむところがあります。

 

留学も一つの投資だと思えば愛なんかではないですよね。

 

 

それにもしかしたら、私が勝手に不幸だと思ってる「地元で一生を終える人」とかの方が幸福度的には高いのかもしれません。サーティーワンで選択肢がたくさんあって他人のアイスを見て他のを選ばなかったことを後悔したりするより、三種類だけのアイス屋さんで三色アイスを買う方が満足度的には高いのかもしれません。

 

 

選択肢がないことはもしかしたら幸せなのかもしれません。

 

 

でもこれは選択肢があったからこそ言えることで、なかったらなかったで文句をいうと思います。人間ってなんでもっとシンプルになれないんですかね。

 

 

でも私は思いました。

 

 

家族だから無条件に愛さなきゃいけない、とか、家族だからいつも気にかけていなければならないってっていうのがそもそも間違ってるんじゃないかな、と。

 

 

家族っていうのは物理的、生物学的に家族になったわけであって、命を生み出すと決めた責任をお金として子供にかけなきゃいけないわけで、そこに愛を押し付けるのがそもそも違うのかも、って思いました。

 

 

確かにほとんどの家庭では家族愛はこんなことを考える間もなくあるのかもしれないけど、家族愛があんまりないことに疑問を感じる必要はないのかなって。

 

 

両親は好きです、多分。ビジネス面では完璧に尊敬してますし、両親なので多分好きです。でも愛だとかそういうのはわからないです。死んだらめちゃくちゃ悲しいです。だって一緒に長く暮らしてたから。でもこれが一緒に暮らしてなかったらって思うと多分友達が死んだのと同じくらい衝撃なのかなーって思ってます。

 

 

 

ひどいことを言っているように感じる人もいるかと思いますが、これは真剣な私の思いです。

 

両親だから子供を愛してるに決まってるじゃん!今からわかるよ!って思う人は、家族は無条件に愛さなければならないバイアスにかかっていると思います。

 

 

 

思い出の分だけ失った時の悲しさは深いっていうのはなんだか物理的な当たり前なことな気がするんですよ。家族じゃなくたって人と同じ時間を過ごせばその人を失った時のダメージは深いじゃないですか。

 

 

じゃあ愛ってなんだろう。目に見えるものの他に愛を感じられることってなんだろう。

 

 

よく「愛とは目に見えないもの」とか言うけど、言語以外で、目に見えなくてどうやって伝わるんだって思います。受け取り手がそれを感じられないとただの一方的な愛になってしまって、意味がない気がします。

 

 

気持ちだって愛だって一緒で、そこにあったとしても相手に伝わらなければ無いも同然ですよ。

 

 

家族である前に全くの別の人間なのですから、私は両親のことを何も知らないだろうし、両親も私のことを何も知らない。

 

 

そこを埋めようとしても、2人は私に興味を向ける暇がないくらい忙しいのでその距離を保ったまんまこれからも過ごしていくのかなと思うと、私たちが家族である意味と理由って、生物学的理由以外に何があるだろう。って真剣に考えてしまいます。

 

 

意味なんて必要ないっていうのは逃げです。私たち人間はすべてのものに意味があると思い込んでいますが、実際はただ私たちが意味づけをしているだけです。意味づけをすることによって安心するのです。

 

 

 

こんなことを書きましたが、私は今の生活や自分に満足していますし、幸せです。家族愛がないからといって幸せではないというのは極端すぎますし、他の誰かの絶対的存在になって、自分という存在を安定させればいいのです。

 

 

おじいちゃんとお姉ちゃんは過ごした時間が長いのでなのか、恋しく思います。他のたくさんの人はこれを両親とか友達にも感じてるのかと思うとうらやましいですね。

 

 

以上ただの19歳の感情保存のための備忘録でした。

明日から二学期目のファイナルー!

 

 

 

こんばんは〜

 

 

今日は朝起きてご飯を食べて2時くらいからカフェでHumanityの勉強してましたー!

 

 

 

もーね、ほんとHumanityのプロフェッサー嫌い。なんか色々と下手。しかも最初から言えよ!!事案が多すぎてイライラしてまする。

 

 

しかもHumanityのグループワークしてたんだけど中国人2人がもう適当だし責任感ないしでほーんとにおこでした。

 

 

人によるとはいえだいたい何かしでかすのは中国人な確率が高すぎてもういや………

 

 

まあでも自力でHumanityはほぼ終わらせたのでおっけーです〜

 

 

集中して頑張れたのでそっからはルームメイトとコリアン食べてきましたー!!

 

 

そして帰ってきてからGeographyの勉強をして今に至るっていうつまらない日です。

 

 

 

まあね、最近はこんな感じだったよ。

 

 

 

もうあの全学期の地獄のファイナルからこんなに時間が経ったのかと思うと感慨深いですよ。

 

 

allyryugaku.hatenablog.com

allyryugaku.hatenablog.com

allyryugaku.hatenablog.com

allyryugaku.hatenablog.com

allyryugaku.hatenablog.com

 

 

前学期は友達もあんまいなくて、勉強法も何もかも手探りで、しかも4つのクラス全部難しくて重いクラスだったのにAを取らなきゃいけないプレッシャーで死んでましたな〜 いやあ、早い。でもいろいろ学びました。しかも結果的に1学期のこの条件にしてはいい成績が取れたので良かったです!

 

毎回毎回安心してAが取れるようにっていう目標がだんだん掴め始めてきて嬉しい。難易度は取る授業によってほんとに違うけど、やっぱ努力だけじゃ全然ダメで、いい成績を取るために重要なのは情報と戦略とそのための友達!!

 

 

友達マジ大事!!

 

 

 

ってなことで今回は、前回学んだ人を頼るってことをうまく使いながら勉強したおかげでいいかんじに効率よくできてます〜

 

 

ではそんな感じで勉強に戻ります!ではでは!

今日が最後の授業って信じられない

f:id:allyryugaku:20170214185652j:plain

 

なんと今日で今学期のクラス終わりです・・・

 

 

来週はファイナルウィークで授業は無いので実質今週で今学期は終わりみたいな感じです。

 

 

いや・・・今学期まっじで早かった・・・・・

 

 

 

今学期のクラスは全部簡単な授業でそんなに勉強しなくても90%以上取れちゃう感じで本当につまんなかった・・・。

 

昨日全部のクラスのグレード計算ファイナルを抜いてしたんだけど、エキストラクレジット入れてAとA+でした。本当に物足りなかった。

 

 

哲学とか歴史とか濃い人文の授業取らない限りなかなかいろんなことを考える機会がないから、私的にはものすごく薄っぺらかった。

 

 

難しくて苦しくてもやっと手に入れたAとか、きちんと学んでストレスをずっと感じてる方がなんか充実してる気がするし、そっちの方が私には合ってるって思った。前にも言ったけどいろんなことを沢山やってると相乗効果で全部うまくいくってのが私の傾向なのですよね〜

 

 

でもほんとーに早かった今学期。

 

 

来週のファイナルも気を抜かずにこのまんまAでがんばりまーす!

 

 

では今からカフェで勉強してきます!

 

ではでは〜

私的アメリカの嫌いなところ5選

 

 

へろーAllyです〜

 

 

最近はなかなか毎日更新できないので、毎日留学ブログっていう名目を外すべきだなって思ってます笑

 

 

 

そんな今日はアメリカに留学してる人はあ〜!ってなるかもしれない、私的アメリカの嫌なところを紹介していきたいと思います!

 

 

1.  洗濯するたび服がダメになる

欧州や欧米では、町の外観を保持するために外で洗濯物を干すことが禁止されているところが沢山あります。禁止されていなくても治安があまり良くないところ以外ではなかなか外干しを見ることがありません。なので主に洗濯機と乾燥機を使うのですが、この乾燥機が私は大嫌いです・・・服はアメリカのファストファッションで主に済ませているのですが、服自体のクオリティが低いのに乾燥機を使うので洗濯するたびに縮むか伸びるかするんです。時々穴が空いたりしてて、本当に干したい!!!

 

 

2.  チップ制度

今もなお全く慣れませんし、これからも慣れる気がしませんが、チップは本当に面倒くさい!!なんでもともとの価格をサービス料込みにしないのかなーって思うんですが、まあ面倒くさい。しかもやっぱり日本と比べてしまうとサービスがアレなので、これにチップ払わなきゃいけないのか・・・って損した気持ちになります。しかも時々ただのお持ち帰り系のところでもチップを求められるんですが、なんやかんやで払ってしまうんですよね・・・・日本がいくらか知らないんですがこっちは大体15%がミニマムって感じですね。

 

 

3.  配達業者が無能

これには何回怒りを覚えたかわかりません。配達系は日本と違って注文してから時間がかかりますし、「この日に届く!」って言われたのに届かなくて問い合わせたところたらい回しされた挙句、めっちゃ遅くに届くっていうことがありました。でもこれはもう許容範囲です。ひどいのは配達業者。私はアパートに住んでいるんですが、不在の時に家の前に荷物を置いていくんです・・・。届いた荷物がなくなることも時々ありますし、個人情報がつまった郵便とかも平気でその辺に置いていきます。ここら辺はマジでちゃんとしてほしですね。

 

 

4.  11時、12時で空いてるお店はファストフードのみ

これはアメリカに肥満が多い理由でもあると思います。場所にもよると思うんですが、少なくとも私のいるカリフォルニアのベイエリアは大体こんな感じです。日本と比べちゃうのは良くないと思うんですけど、どこに行っても24時間が沢山ある日本は本当に便利だなーって思いますね。特にコンビニ!!こっちのセブンはお菓子とかピザとかホットドックとかが売ってるんですが、彼氏曰くアメリカのセブンの調理品は売れるかカビるかしないかぎり取り替えないらしいので、食中毒になることも多々あるらしいです・・・なのでセブンは24時間やっててもいけません。そして私のすんでるところはアメリカの中では都会の方なんですが、なんとマックまでもが11時とかにしまっちゃいます・・・もちろん24時間ではないですよ?他のファストフードも12時とかに閉まるところが多くて友達と遅くまで遊んで夜なんか食べるって時になーーんにもないのが本当に不便ですね。

 

 

5.  WiFiコネクションが弱すぎる

シリコンバレーだしどこでもWiFiが飛んでいてそれだけで過ごせるはず!!とか思っていた時期が懐かしいいですね。良く日本に来るアメリカ人が「日本はWiFiがなくてクソだ!」みたいなこと言ってるんですけど、アメリカも大概です!確かにほとんどの場所にWiFiがあるんですが、弱すぎて使えないっていうことがすごく多い気がします。使えるところは時間制限があったり。まあでも、このWiFi事案は何もアメリカに限ったことではないのでなんとも言えませんがね!

 

 

 

まとめ

日常的に主に感じることはこんなかんじですが、特に私のすんでいる地域だと物価と地価がものすごく高いのが悩みの種です・・・サンフランシスコやシリコンバレーの地価高騰は有名だと思うんですけど、一年で14%上昇しているっていうデータを見たことがあります。そして全米家賃ランキングではサンフランシスコがニューヨークを抜いての1位です。1ベッドルーム(1LDK)の平均賃料が月$3530(約42万4千円)らしいです。シリコンバレーはまだマシですが、それでも基本的にはルームシェアしないと高すぎて住めないところばかりです。

 

 

しかし学生でアパートに住む人は2ベッドルームでリビングに一人すんで5人でシェアしたり、マックスで3ベッドルームで7人住めると思います。そうすれば一人平均$700前後で住めます。

 

 

私はカリフォルニアのこの気候やまったりとした雰囲気が大好きですし、人がみんな気さくなのも大好きです!確かにサービスなどで不満がある点はありますが、ネタとして笑い飛ばせてしまうものがほとんどなので 笑

 

セブンでまず店員がいなくて読んだら電話しながら出てきて、接客も電話しながらされた時は笑いが止まりませんでした 笑

 

 

 

では今日はそんなところで!

ベイエリアに留学予定の人へ

 

 

こんばんは〜

 

 

5日も空けてしまったのは留学はじまってから初めてですな…

 

 

忙しかったり体調崩してたり若干病気になってたりでバタバタしてました…

 

 

 

さてさて、もうすぐ四月で、新しい生活が始まるっていう人も多いのではないでしょうか!

 

 

四月から大学進学でアメリカに来る人はなかなかいないかと思いますが、それでもいると思うのでちょこっと情報提供をしたいと思います〜

 

 

春から来る人はそろそろパッキングを始める頃だと思いますが、何を持って来たらいいのかってめちゃくちゃ迷いますよね?

 

 

 

はっきり言うと、必要なものはカリフォルニアのベイエリアであればほとんどこっちで手に入ります。

 

 

日本食などは一切いりません!日本スーパーやアジアスーパーはたっくさんあります!なんならお金をかければ日本と同じ食生活が出来るほどです。

 

f:id:allyryugaku:20170319163903j:image

 

 f:id:allyryugaku:20170319163927j:image

 

 f:id:allyryugaku:20170319163931j:image

 

これは小さい日本スーパーなんですが、本当なんでも手に入ります。

 

 

そして今日は古本市がこのスーパーの前でやっていて、20ドルでこんなにたくさんの本をゲットしました!

 

f:id:allyryugaku:20170319164031j:image

 

もうそれぐらい色々手に入ります笑

 

まあでも本は手に入れづらいです。紀伊国屋がサンフランシスコとサンノゼにあるのですが少し高いので、お気に入りの本は持ってくるといいと思います!

 

 

あとは高校の時の教科書や参考書!これはめっちゃ役に立ちますし、わたしは母に送ってもらいました。

 

 

女の子はスキンケア系や化粧品をたくさん持って来た方がいいと思います。こっちのものはやっぱり合わないです。化粧品はわたしは全然大丈夫ですが、ファンデなどのベースは日本のものがやっぱりいいです。

 

日本のそういったものもこっちで手に入るんですが、やっぱり高いので持ってかれるだけ持って来たらそっちの方がいいと思います!

 

 

洋服系は、夏服と秋服があればおっけーです!冬は寒いですが、だいたい日本でいう10月11月が寒さのピークっていう感じなのでそれに合わせて軽めのジャケットやニットなどがあるといいと思います。

 

 

でもこの時期なので、ほぼ夏服でいいと思いますが、夏も夜は肌寒いので薄いパーカーなどがあるといいですね!

 

 

でも持って来るべきものといえば本当これくらいで、だいたいほんとになんでも揃うので心配しなくても大丈夫です!

 

わたしは実際アメリカにいる気が全くしていません😂

 

 

 

そして人種の比率も約半分がアジア人なんじゃないかってくらいなので、住みやすさは神がかってます!!

 

 

治安は東京より絶対にいいですし、安心して来てくださいね〜

 

 

っていう!不安はあると思いますが、多分アメリカで一番アジア人留学生に優しい住みやすい街だと思うので大丈夫です!

 

 

なにか質問などがあれば気軽にツイッターかコメント欄で聞いてくださいね!

 

ではでは眠すぎて何を書いてるんだかよく分からなくなって来たところで締めにしたいと思います。

 

 

お休みなさい!