シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記です。Twitter @Japan__America / Insta @ugg_pipipi

学生ビザ取得について

 

 

こんにちは、久しぶりの更新です!

 

 

一週間以上前になるんですが先週の月曜日にビザ面接に行ってきました。

 

なので学生ビザについて少し書いてみようと思います!

 

 

 

⭐︎ざっくりした学生ビザ(F-1ビザ)取得の流れ

 

①入学許可書(I-20)の取得

 →学校側が要求する必要書類を提出して、審査が通れば入学許可書は受け取れます。

 

     ↓

 

②学生ビザ(F-1ビザ)申請

 →I-20が届いたらアメリカ大使館のHPからビザ申請の手続きをします。まずオンライン申請のための書類アンケートDS-160を行います。これには様々な細かい個人情報を全て英語で記入します。パスポート情報や自分のことを証明してくれる家族以外の人の署名なども必要でなかなかめんどくさいです。笑 そしてここでは申請者の証明写真としてデジタル写真が必要です。これも背景が白で正方形で頭のサイズなども規定があるのでしっかり調べてから写真を撮らないと、何回も何回も承認されなくて撮り直すハメになります...わたしのように... そしてDS-160の記入を終えたら確認ページをプリントアウトしてビザ申請料の支払い(160ドル相当)を行います。

 

     ↓

 

③ビザ面接日の予約

→オンライン申請・申請料金支払いが済んだら面接日の予約を行います。面接日から約1〜2週間は手元にパスポートがない状態になります。

 

     ↓

 

④SEVIS料金支払い(I-20発行手数料の200ドル)

→オンラインでクレジットカードを使って支払います。

 

     ↓

 

⑤ビザ面接当日

→実際にアメリカ大使館に行き、受付の人の指示に従って面接を受けます。時期によりますが大体1〜2時間くらいでしょうか?圧倒的に待ち時間の方が長いのですが私はトータルで1時間くらいでした!

 

     ↓

 

⑥アメリカ大使館より日本郵便で自宅にパスポートが届く

→1〜2週間後にビザが添付されたパスポートが届くので、それで完了です!

 

 

私の経験上での流れなので実際に学生ビザが必要な方はアメリカ大使館の公式HPにて確認してください!

 

 

 

⭐︎面接に必要な書類


☑︎パスポート: 現在有効なパスポート、ビニールカバーは外してください

 

☑︎旧パスポート : 過去10年間に発行された古いパスポート

 

☑︎証明写真一枚 : 5.0cm×5.0cm 背景は白。デジタル写真とは別のものです

 

☑︎ビザ申請料金支払い証明書 : ビザ申請料金をATMで支払った時の領収書です

 

☑︎Letter of guarantee(身元保証書) : 未成年者及び資金証明書が親名義の場合

 

☑︎クリアファイル : 透明、柄なし。面接に書類を持っていく時にこれにいれてそのまま提出します

 

☑︎最終学歴 : 過去3年分の学業に関する英文成績証明書1通

 

☑︎英文残高証明書 : 1年間分学費・生活費等を補える金額

 

☑︎過去5年間にアメリカ留学経験のある場合はその学校の英文成績証明書

 

☑︎入学許可書 : I-20 Form または DS-2019。いづれもSEVIS使用のもの

 

☑︎DS160 Confirmationページ

 

☑︎面接予約承認書

 

===日本国籍以外の人は以下も===

☑︎外国人登録証明書 / 特別永住者証明書のコピー : 両面コピー必要です

☑︎家族のパスポート

☑︎該当者のみ婚姻の証明

 

 

こんな感じです!

こちらも学生ビザが実際に必要な人はアメリカ大使館の公式HPにてしっかりとご確認ください!

 

 

 

 

ここからは私が行った時の感じや感想を書いていきたいと思います?

 

 

私の面接の予約時間は午前中の11:00からだったので念のため30分以上前に着くようにしました。でも実際、溜池山王駅から大使館までははめちゃくちゃわかりやすかったのですごく早く着いてしまってしばらく暇してました 笑

 

 

ついてからすぐケータイとか取られちゃうので本を持っていくことをおすすめします!

 

一番初めにケータイなどの電子機器を取り上げられて、空港の税関にあるようなくぐるやつを通って第一関門突破(笑)です!ほんと税関みたいな感じで警備員さんたちが何人かいました。

 

 

そこからは大使館の建物に入ってまたセキュリティチェックを受けて受付を完了したらいよいよ面接の場所に入ります!

 

 

子供がたくさんいた気がします!

 

 

なんか病院の待ってるとこみたいな感じで、渡された番号が呼ばれるのをボーーっと待ってました。

 

はじめてだったのでなんとなーーくドキドキしながら待ってたのですがなかなか呼ばれないのでドキドキもきえましたね。

 

 

そしてついに...よばれたーーーー!と、思ったらなんか指紋認証をしてまた席に。

 

 

 

この時の人がまた無愛想で無愛想で.....

 

 

声が小さくてなにを言ってるのかわからない上になぜかめっちゃ不機嫌。おこ。

 

 

うわーーと思って席に戻ってからちょっとすると面接に呼ばれました。

 

 

ドキドキが消えたといってもいざとなったらちょっとドキドキしてきて、満面の笑みで“Hi”といったのですが返って来た返事は

 

 

『あっ、こんにちわーー』



.........って、日本語かよ!!!!!!!!

 

白人の男の人だったのにドキドキ返せ!!!!!って感じでしたねえ...

 

 

しかもまた不機嫌。アメリカ大使館の人どーしたの?痔なの?痔って感染するっけ?

 

まあそんな感じでテンションがめっちゃ下がりました。そこで次の質問を待っていると、

 

 

おじさん『滞在期間はどのくらい?』

 

私『4年半くらいです』

 

おじさん『あ、そう』

 

 

.................................(おじさんPCカチャカチャ)

 

 

おじさん『メジャーは?』

 

私『Business Administration』

 

おじさん『ああ、Businessね、OK』

 

 

 

.................................(おじさんPCカチャカチャ)

 

 

 

おじさん『はい、承認されましたのでしばらくしたら家に届きまーす』

 

私『あ、わかりました。ありがとうございました。』

 

 

 

以上、終了。

 

いやさよならくらい言ってクレーーー

 

終始日本語で不機嫌でした。笑

 

 

ほんとこれは人によると思いますけど、知り合いからは色々聞かれて雑談もしていい感じだったようなことを2人くらいから聞いていたのでめっちゃびっくりしました。

 

こーゆーこともあるんですね.....

 

 

まあそこから普通に出て、警備員さんに携帯をもらって終わりでした。

 

 

そのときの笑顔の警備員さんのお疲れさまでしたが心にしみたぜーー(たぶん)

 

 

 

こんな感じでしたのであんまりたいそうなものだと考えずに書類だけしっかり持っていけば全然大丈夫だと思います。

 

 

なんども言いますが、実際にビザ面接に行く人は不明な点もあると思いますので他の人のブログとかも参考にしてくださいねーー!

 

なんか留学後はどうするかみたいな質問があったら絶対に日本に戻るという旨を伝えたほうがいいらしいです。移民とかのことかららしいですけど適当に日本に絶対戻って就職しますとか言えばいいと思います。

 

あとはなんで留学するのかとかなんでそのメジャーなのかとか。

 

 

これらはきちんと英語で言えるようにしたほうがいいと思います!

 

 

では、そろそろこの辺で。

少しでもこの記事が皆さんの役にたてばいいなーーー