シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記です。Twitter @Japan__America / Insta @ugg_pipipi

わたしの自分の嫌いなところ

 

 

あーーーーーーーーーーーーー

 

自分の嫌いなところを考えるだけで嫌だし、逃げたくなる。

 

 

その嫌いなところに関わる記憶と、その部分に関わった人とかを全て頭の中から消し去りたくなる。

 

 

 

わたしは小さい頃からおしゃべり好きで、こっちが柔らかくくだけた感じで歩み寄れば、みんなわたしのことを受け入れてくれると思っていました。

 

 

でも心に刺さるのはそれに対して鋭い指摘をされた時。

 

 

「話が長い」

「要点は何?」

「その話興味ないんだけど」

 

 

「話が長い」は家族や国語の先生にずーっと言われ続けていましたが、それを好きだと言ってくれる人もいたり、コミュニケーションを円滑にしたり、距離を縮めるため、いろんな意味での「隙」を見せたりするためにあまり深刻に考えていませんでした。

 

 

それに私の家族とかの仕事柄的に、大人の人たちと話す機会が多かったのですが、彼らはたくさん話せば話すほど喜んでくれました。小さい頃は。しかも沈黙が嫌で、それこそつまんなく思ってないかなって思ってさらに…ってなっちゃうんですね。

 

でも高校3年の後半くらいになっていわゆるイシキタカイ(この言葉好きじゃないんですがこれ以外有効な言葉が見つからないので・・)界隈と交流ができ始めてからは、むしろそれは不利点以外の何者でも無くなってしまいました。

 

 

いろんな活動をする中でこの指摘を貰うたびに「わたしはなんてダメなやつなんだ」って落ち込んでいました。

 

 

でもやっぱりプライドがあるので、ネガティブながらも、「こいつはダメなやつだ」って思われるのが一番怖いんですよね。

 

 

そう。こいつはダメな奴だ。そう思われるのが生きている上で一番怖いんですよ。本当に。

 

 

だからわたしは誰かに承認されないまま、心にくることを言われると、壊れてしまうと思うんです。てか、みんなそうですよね。

 

 

人間って、何のために生きてるかとか、どう生きたらいいのかとかがわからないから、誰かに承認されたり誰かに必要とされたりすることを本能的に求めていると思うんです。

 

「誰かの絶対的な存在になること」

 

 

だから生きていく上で誰かから承認されることって本当に大事。

 

 

だからわたしは人を承認できる、人を受け止められる包容力のある人になりたい。

 

 

でもやっぱり自分の短所はマジでこれから社会に出て、ビジネスしていく上で直していかなきゃいけないし、それをいちいち指摘してくれる人は貴重な存在だと思う。

 

 

 

生きるって大変だなー

 

 

でもわたしのことを好きだとか、面白い、とか言ってくれる人を本当に大切にしたい。そしてわたしももっと視野の広い人間になりたいと思う。

 

 

 

完璧な人間なんてもちろんいないけど、自分が嫌いだと思ってる人も他の側面から見たらいい人だし、わたしが好きな人も他の側面から見たら嫌な人なのかもだし。

 

 

目指すべき人間って難しいけど、いろんな人をとにかく受け入れられる人になりたいな。

 

 

もう合理的な人間にわたしはなれないなー。哲学専攻なのにね。笑

 

泥臭く、手探りで生きていくしかないね。

 

 

 

なんかほーんとに色々と考え出したらよくわからなくなってきたけど、こうやってこんなブログでも読んでくれてる人もいるし、ツイッターのフォロワーさんたちにもいつも元気付けられてるし、日本で応援してくれてる家族も友達もいるし。幸せなことですよ。ほんとう。ありがとうございます!!

 

 

最近はそんなこんなで承認欲求のためにとにかく、あーーー人。人。人。てなってむしろ虚しくなってたりしたので、一回リセットします。

 

 

 

ルームメイトがいいことを言ってくれて元気付けられたし、日本の親友ともちょこーっとだけだけど話せたし、まあ元気出してがんばりまうす。

 

 

ではそんなかんじで!

ちゃおちゃお