シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記です。Twitter @Japan__America

英語を学ぶ意味

 

 

英語を学ぶ意味ってなんだろーっていうのを就活真っ只中のお姉ちゃんと電話してて思いました。

 

 

なんか日本にいる外国人がよく言うのが『日本人は英語が話せなすぎる!!』的なこと。

 

 

いや、あなたたちも日本語喋れんやん。みたいな。そんだけのこと。英語が中心言語だからといって全てをそれで統一するのは違うくないか。

 

 

別に必要に迫られてないなら必要ないし、ファッションとしての英語なら洋楽でも聞けばいい。コミュニケーションとしては視野は広がるかも。でも必要不可欠ではない。

 

 

日本で事足りてる人にまで英語を強要する意味ってある?必要じゃないならそこに時間をさく代わりに本当に必要なことに時間割くべきだと思う。

 

日本人同士で英語ができるからレベルが高いとか低いとか違う。

 

 

でもレベルが高い、日本のトップを走ろうとか、走る予定でいるって人は英語は絶対に必要。これは必要不可欠。

 

 

よくアメリカのトップが頭がいいのは教育がいいからとか言う人いるけど、それは違うと思ってる。

 

 

ただ英語だからってだけ。

 

 

だって英語は母国語で、自分の土俵で勝負ができるから。

 

 

だから日本人がいくら頭良くても、英語でそれを発信していかないと同じ土俵にすら立てないってこと。

 

 

自頭の良さとかじゃなく英語で物事がどれだけ理解できて、どれだけ発信していけるかの能力でレベルが決まってきちゃう。

 

 

しょうがないよね。英語帝国主義だもん…

 

 

だから英語を学ぶのは必要不可欠じゃないけど、トップをいくんだったら必要不可欠。

 

 

だからやるんなら徹底的にやらないと、ファッション英語なんて無いも同じ。コミュニケーションツールとして、国際結婚とかのために使うならいいかもだけど、日常会話程度なら本当無いも同じ。

 

 

 

まあ究極論になっちゃいましたけど、人生を楽しく生きるためにはあった方がいいのかもですね〜

 

意味なんて人によって違うけど、ここで言いたかったのは教育とかそっち系のことだったので!

 

 

まとまりなすびだけど最近色々考えすぎてて何から記事にしたらいいのかわからないので、いっそのこともうリクエストください!笑

 

 

 

では!みなさんよい週末を〜〜