シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記です。Twitter @Japan__America

カリフォルニア大学の結果と誕生日

 

 

こんばんはー!

 

 

昨日は実は私の誕生日で、友達と彼氏と友達カップルに三回もサプライズをしてもらったあとに彼氏のパパとママがプレゼントとメッセージカードをくれてさらに彼氏のおばさんとおばあちゃんもメッセージカードをくれてさらにさらには彼氏のおばさんがお寿司をご馳走してくれたというエンドレス誕生日でした!!

 

もはや3日にかけて祝ってもらった…

 

まずは夜中に勉強してたらまあ色々あったんだけど彼氏と友達グループがサプライズに来てくれてどスッピンパジャマのまんまこのクマとお菓子をプレゼントしてくれてケーキも持って来てくれてちょっと泣いちゃった笑

 

何も期待してなくて今年も勉強しながら誕生日を迎えるのだな〜と思ってたらもういきなり5人が祝ってくれて本当に本当にびっくりした!!

 

f:id:allyryugaku:20171117165616j:image

 

そのあとノリに任せて韓国の居酒屋に行って平日なのに2時まで騒いで。笑

 

 

 

次の日プレゼンあったから死んでたけどなんとか学校行った…笑

 

若いってすばらしい…

 

 

 

誕生日当日は彼氏がサプライズでディナーとか劇場でのお芝居とか花とかプレゼンとかもらって本当素敵すぎた!

 

お花とプレゼントをもらった時にこれから行くとこが本当のプレゼントだよって言われてえーなになになにってなってたらまさかのブロードウェイのアラジンを見に劇場に連れて行ってもらった!本当すごかったし超楽しかった!

 

f:id:allyryugaku:20171117165559j:image

 

 

私は芝居とか歌舞伎とか日本にいた時好きで見によく行ってたから劇場はほんと久しぶりだった〜

 

でも日本とアメリカの劇の違いは文化的背景がよく出てた!主題として主張するものが全く違ったし、個人的には日本の劇の方がサービスとか多かった感じ?あとはお客さんの雰囲気も違って日本人のオタク気質はいい方にここでは動いてるなと。

 

 

 

まあそんなことは置いといてその他に最後の最後誕生日終わりそうな時にこっちの日本人のとても仲のいい友達とその彼氏が祝いに家にわざわざ来てくれたの!

 

f:id:allyryugaku:20171117170727j:image

 

外で風が強すぎて私が吹き消すまえにいいタイミングでまさかの風に吹き消されるっていうギャグみたいなことがあったけど、手紙とかもくれて本当嬉しかった〜

 

 

そして今日の夕飯に彼氏のおばさんにお寿司をご馳走になるという…

 

ハタチの誕生日だとはいえ豪華すぎてみんなへの感謝が止まらない…(;_;)

 

 

 

ということでハタチになりました!!!!やっとだー!!

 

 

なんか誕生日のことばっか書いてるけど、実はカリフォルニア大学のサンタクルーズ校に受かりました!

 

f:id:allyryugaku:20171117171121j:image

 

まあ手続きとか残りのアプライをしないと正式に合格ってことじゃないんですがTAGっていうシステムで一応通りました〜

 

これでどこも受からなくて途方にくれることはなさそうです笑

 

 

まあこれはもうわかってたような感じなんですけどなんかやっぱ嬉しいですね!

 

 

そんな感じで!

 

 

明日は20ページの統計学の宿題の提出日で、哲学のオンラインのクイズと試験の締め切り日なので気合い入れて終わらせます!

 

統計学はもう今終わったけどね!

 

 

そしたらまた週末だー!!

 

えいえいおー!

 

またTOEFLを受けることになった・・・

 

 

あああああああAllyですうううううう

 

 

今日も編入アプリケーションを進めていて、第一志望のオランダのLeiden Universityっていうデカルトスピノザ更にはアインシュタインが卒業した大学へのアプライだけはもう終わったんですが他にこんな大学を受けようかなーなんて思っています。

 

・Uiversity of Groningen(オランダ)

・Tilburg University(オランダ)

・University of San Francisco(アメリカ)

Stanford University(アメリカ)

・Leuven University(ベルギー)

・Amsterdam University(オランダ)

 

スタンフォードはほんとただの記念受験です笑

 

UCは受けるかどうかまだわかりません・・・

 

 

なんか出願始めたんですが、とにかくウェブサイトがわかりづらいしとにかく時間がかかるので後回しにしちゃってます・・・

 

なんだかときめかないんですよね。

 

アプリケーションって結構私はワクワクするんですけど、UCのはとにかく複雑で留学生に優しくないものなのでこんなに時間が取られるくらいならいきたい!って思えるような大学を複数早く出願しちゃって、受かった大学を実際に訪問して選ぼうかなって思ってます。

 

なんかUC目的で来たので受けないと受けないとって思ってたんですが、行かないってもう決めたのでお金を払うのがもったいないんですよね。まあそれより何より無駄に時間を取られるのが嫌なんですよね。それならもっと本命の方に力を入れたいし、そもそも今学期は今までで一番ハードで忙しいので時間がないんですよね。だからもう受けないかもなーって。

 

 

まあそんな感じでいろいろとアプライしていくわけなんですがイギリスは多分受けません。なぜならTOEFLではなくIELTSが必要だから!

 

IELTSは受けたことないのでやっぱり不安だし受けても思うように結果が出なかったら時間の無駄なのでTOEFLで受けられるとこを受けます。

 

 

 

しかしここで問題が。。。。。

 

 

私が最後にTOEFLを受けたのは2015年10月31日なのです・・・・

 

 

すなわち、有効期限が切れているーー!!!!!

 

 

ということでもう一生おさらばだと思ってたTOEFLをまた受けなければならないということです。

 

やばい。

 

 

しかもアムステルダム大学っていうオランダのトップの大学で世界的にも評価の高い大学にアプライするためにはTOEFLスコア100以上が必要だと・・・・

 

100・・・まじか・・・・

 

でも1年以上アメリカにいたし来る前の最高点は90だしできるかなって思ってます・・・てか思うようにしてます・・・笑

 

 

 

いやしかしやばい・・・TOEFLなんてしばらく受けてないからまずテストの方式に慣れないと😔

 

 

トップのトップの大学以外はまあ85以上とかなんですがやっぱ挑戦してみたいので早速San JoseのテストセンターでTOEFLの試験を予約しました。

 

 

そしてママから前に送ってもらったTOEFLの700ページある単語帳を開いたんですがチェックマークがついてる単語がとても簡単に答えられました。

 

 

まって、私もしかして、成長してる・・・・・?!?!

 

会話とかは少しマシになったかなーって思ってたレベルだったんですがどうやら結構成長していた模様です。

 

なんかちょっと感動しました。忘れてたけど確かにこれまでアメリカで奮闘してたなーって。

 

 

 

まあそんな感じでママにうわーーまた受けなきゃだよーーとか言ってたんですが、

 

 

頑張れ!今更泣き言は言わない!目標に向かってやらなきゃ!人生の中であと2年しか勉強できないんだよ!

 

って言われて、

 

 

うわ、そうだよ。そうだよ!!!

 

 

いつだって今を全力で生きるのがモットーじゃん!これくらいなんだ!挑戦し続けるって決めたじゃん!!

 

って思ってとってもやる気が湧きました。

 

 

やっぱり身内の人の言葉って強いですね。

 

 

ありきたりに聞こえる言葉でも私のことをよく知ってる人だから心に響くことってありますよね。

 

 

ま、とりあえずスコア100目指して、12/2に受けます。

 

 

 

今が頑張りどきじゃーーー!!

 

 

えい!えい!おーーー!

 

 

そんじゃ!

大学への編入出願のためのエッセイ

 

こんちゃーすAllyでーーーす。

 また風邪ひきました。鼻水と寒気が止まりません。

 

 

なんかもう今はとにかく大学のアプリケーションに追われてるんですが、私大やいろんな大学に使うためのエッセイを書くのにあたって日本語で少し整理してみました。

 

 

 

日本語でのアウトラインはこんな感じ。

 

 

 

  • どうして哲学専攻なのか?

 

  1. 学生企画団体のリーダーをしているのにケータイだけを一日中いじって後悔する日が続いたり、勉強は大好きなはずなのに数学や理科ではいい点が取れないギャップに疑問を感じていた。私は高校二年生のころ「どれが本当の自分なんだろう」と約半年に渡り模索し続けその時にたくさんの哲学書を読んだことで哲学に興味を持った。哲学を勉強し当たり前を疑い続けることで、どんどん深みにはまっていった。そしてやっと人間は一つの性格でみんなに対応してるわけではなく、他人と接するたびに自分と他人の間に様々な性格が生まれているのだという結果に至り自己を認識することができた。私たちはどの分野に進むのであれ自分自身や環境をできる限り理解する必要がある。さらに、学び続けることが人生だと信じているのでなぜを追求していく哲学は学ぶ価値が十分にあると思った。

 

  1. 昔から人間の感情などの表現しづらいものを形にして世の中に発信するのが好きだった。小学校1年生のころから8年間絵画をやり続けて曖昧なものを可視化したり、最近は自分の中に沸き起こった哲学的、社会的問いを今のところ1年半ブログに綴ったりしている。しかしやはり一定以上の思考を形にするためにはさらなる知識が必要なので専攻として哲学を勉強することを決意した。哲学を勉強していくことによってさらなる知識への挑戦を極めていきたいと思う。




  • 哲学を将来にどう繋げていくのか?

 

  1. 私は自分で何かを0から始めることが好きなので将来は国際ビジネスを始めたいと思っている。当然ビジネスを始めるにあたって法律や戦略を学ぶことは大事だ。しかしビジネスも全て人と人で成り立っているため、人間理解がとても重要になってくる。例えば自分の国の常識は他国の非常識であることも多いため常に自分の思考を疑いフラットに相手を理解する必要がある。ここで哲学を学ぶ上で培う自分を疑う能力が生きてくる。既存の常識を自分で壊し常に新しい思考を保つことでビジネスにおいて成功の兆しがみえてくると私は思うため、全ての根本である哲学を学んだ上で将来ビジネスでの成功へと繋げていきたいと思う。




アメリカ国外の大学への追加

人間が本当に必要としているのは不安のない安定した状態ではなく、価値ある目標のために努力し成長し続けることだと思う。それぞれのやりたいことに情熱を捧げることは生きる意味ですらあると思う。そしてその過程における苦労や困難が全てのことへの感謝の気持ちを作り、その感謝の気持ちこそが自分や他人の喜びの源になると信じている。そのために私はあえて今までとは全く新しい場所を選び、常に挑戦していき自分史上最高を更新していきたいと思う。

 

 

 

 

まあこんなことを書こうかなと思ってます。

 

 

明日英語で書き直して、さらにいろんな人に添削してもらうのでなんとか進んでます。

 

 

 

授業も今学期が史上最悪に忙しくていろいろ大変なのですが、それも並行してなんとか頑張って行こうと思います。。。

 

 

 

ではおやすみなさい〜

頑張ってない人はダメな人?

 

 

こんにちは、Allyです〜

 

今までカフェで古代ギリシャ哲学の勉強してたんですが、もう飽きちゃったのでブログを書くことにしました〜

 

 

いやーね。久しぶりにFacebookを開いてみて、こう、FBの頑張ってるキラキラポストたちで埋め尽くされたタイムラインに圧倒されて見てるうちに数分で疲れちゃいました。。。

 

 

 

なんか、私たちって頑張ることを社会から強制されている気がします。いつでも頑張っていなきゃあなたはすごくないみたいな。

 

 

でもみんな誰かの大切な人だし、一見大したことなさそうに見える人も誰かの憧れの存在なのかもしれない。

 

 

頑張ることは大事だし、誰かの期待にこたえたいっていう気持ちはやっぱりみんなあると思うんですけど、それができなかった人はダメな奴だみたいな雰囲気がSNSによって加速してる気がするんですよね。

 

 

みんなの人生や、今何をしてるかが可視化されて、比較するのが簡単になってしまったから。

 

 

でもその雰囲気って絶対におかしいですよね。みんな今を必死に生きていて、みんなそれぞれの悩みがある。

 

 

自分が頑張ってることを公に公言しないといけなくて、頑張ってるんだ!っていうアピールをすることが大事みたいなあの感じ、苦手です。

 

 

いろんなものの目的が、自分のためというよりアピールしたり評価されたりするためになっている気がしてなんだか違和感が残ります。

 

 

 

あと、みんなそれぞれのレベルがあるので高かったら幸せで低かったら幸福度は低いみたいな単純な構造がすごく嫌いなんです。

 

 

前にもブログで書いたと思うんですが、誰が幸せかなんて本当にわかんないんですよ。私たちはベトナムのその辺で適当な仕事をして適当にお酒を飲んで生きているおじさんより私たちの方がいい暮らしをしていて幸せだって思いがちですよね。

 

 

でも例えば三食アイスクリーム屋さんとサーティーワンアイスだったらどっちの方が幸福感を得られるでしょうか?サーティーワンって答える人が多いかと思うんですが、選択肢が多い分しばらく悩んだり、それほど比較して選んだにもかかわらず他人の選んだアイスのフレーバーを羨ましく思ったりするなどしますよね。

 

でも三食アイスってもともとゲットできるフレーバーが決まってて、それ以外の選択肢がなければ後悔も比較も何もありませんよね?

 

 

そのように、時には選択肢が狭い方が幸福感や満足感を得られることが多いこともあると思います。

 

 

だからわかりやすい分、ぱっと見だけで人を比較してそれぞれの価値を決めてしまいがちなFBが好きじゃありません。(インスタはまた違いますが・・・)

 

 

一年に2回くらいは意気込みポストを私もしますが、それ以外はあんまり開きません。そしてその意気込みポストが全てだと他人に思われたりするのは本当に嫌です。立派なようなことを言ってるだけで欠点もいっぱいあるし、だらけたりもするし、そんなんで他の人に余計な「あなたも、あなたも、みんな頑張らなければならない雰囲気」を感じさせてしまうのは本当に嫌です。

 

 

そんなことを言っても何かしらポストしている分際なので矛盾してるかもしれないんですが、このみんな頑張らなきゃいけない雰囲気息苦しすぎますよね。

 

 

みーんな自分の好きに生きたらいいんです。

 

 

そんな今日のつぶやきでした。

自分にとって大事なことを追い求める重要さ

 f:id:allyryugaku:20171029133226j:image

 

こんばんちゃ !死んでます。Allyでーっす!

 

 

昨日ハロウィンってことで本当久々に友達たちと騒ぎまくったんですが、夜の7時から朝の6時まで遊んでたのでもう疲れてます・・・笑

 

この後EWRT2の課題をやって明日は数学のテスト勉強をひたすらにやります・・・・

 

 

遊んだり騒いだりするたびに「私こんなことしてていいのかな?」って思うんですけど、よく考えるとこれっておかしいですよね。とっても日本らしい。

 

ぶっ通しで頑張り続けられるはずないんですよ。人間みんな。だから息抜きとしっかるやるメリハリは本当に大事。

 

少なくとも私が受けてきた日本の教育はとにかく頑張り続けるか、そうでないやつは遊びまくっているみたいな二択だった気がします。私が受ける印象では日本人って真面目だからどのシーンでも頑張ってないといけないとかで、メリハリをつけるのが本当に苦手な気がします。てか私は日本にいた時はそうでした。

 

でもアメリカでは、メリハリをつけれてこそしっかりした人間みたいな感じがあって、平日めちゃくちゃ勉強して週末の1日くらいは思いっきり遊ぶみたいな方が尊敬されます。大人になってもそうです。プライベートと仕事にメリハリをつけれてこそプロフェッショナルみたいな。

 

 

でも日本って効率より精神論みたいなところがあるから、結果というよりどれだけ頑張ったかを見せるのが大事みたいな感じじゃないですか?

 

 

だから私が昨日遊んだことをこれでいいのかなって思うのは違って、遊んだ後に切り替えて勉強をしなかったらこれでいいのかな?って考えるべきなんだと思います。

 

 

そして最近編入アプライでいろんなことに悩まされているんですが、私にとって大切なことって本当勉強だけじゃないなって痛感します。

 

いろんな国から来た友達とワイワイ過ごしたり、自分がこれから一生大切にしていきたいことを優先するのっていい大学やランキングなんかを気にするよりずっとずっと大事なことだなって思います。

 

 

大学決めも社会的評価を気にするのなんて本当ばかばかしい。いい学校にいくのはとってもいいし大切なことだけど、こっちの方がランキングで20位高いからここに行こうとかはなんか価値がない気がします。

 

 

ランキングだけに頼るより、いい学校とそうでない学校という風に考えて、そのいい方から自分が情熱を持っていることを環境や経験を元に選んでいくことの方がずっとずっと大事だと思います。

 

 

私は正直今自分が本当にアメリカの大学に編入したいのかわかりません。

 

 

UCバークレーに行くという目的でここにきましたが、実際にクラスをUCバークレーでとって、実際にバークレーに住んでみて、この学校は私にはあっていませんでした。貴重な大学生の2年間を自分がいたい場所でないところで過ごすのはベストを常に更新していたい私の哲学に反します。

 

そこからいろんな大学をリサーチして実際にいろんな学校に足を運びましたがここ!といった学校は見つかりませんでした。

 

 

アメリカの大学の学費は高いので自分がいきたいと思ったところでない限り行くのは本当にお金の無駄だと私は思い、いろいろと悩んでいました。

 

UCバークレーに行くためにここに来たのに、目的を失った私はここにいる理由がなくなってしまいました。アメリカにいる理由を失ってしまいました。

 

 

そこで私は根本から自分に問いただしました。

 

 

私はどんなことが学びたくて、それを学ぶにはどこがベストなのか。

 

私は哲学、世界史、美術(史)、人文学、文化人類学などが好きです。そしてこれらを学ぶのに適した場所はやはりアメリカではなくヨーロッパだと思いました。古代哲学はギリシャやイタリアですし、近代哲学と言えばドイツです。アートといえばフランスですし、世界史で好きなのもヨーロッパ史(と朝鮮史)です。そしてヨーロッパの大学には哲学のいいプログラムがたくさんありました。

 

こう考えた時、なにもアメリカに縛られる必要はないんだ、と気付きました。

 

 

アメリカにどうしてもいたいという思いもありませんし、自分にとってより価値があるなと思うことがあればそれをどんどん実行に移す必要があります。

 

 

編入できるかわかりませんが、ヨーロッパの大学編入も挑戦してみます。

 

 

その時その時していることや居る環境に100%満足して、いつでも自分史上最高を更新し続ける人生を送りたいので、またいろいろと考え直して自分にとっての最高を選択できるように頑張ります。

 

 

アプライはとにかく11月が勝負なので忙しいですがとにかくがむしゃらに、でも計画的にいきたいと思います。

 

ではそんな感じで!

 

 

さよならいおん!