読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記です。Twitter @Japan__America / Insta @ugg_pipipi

哲学の授業ってどんな?〜春学期編〜

 

 

 

こんにちは!

 

 

セメスター制(2学期制)組が続々と夏休みに突入する中、クオーター制(4学期制)のわたしはやっと春学期が半分終わるくらいで残り1ヶ月半あります……

 

 

その分秋学期は九月の末からが授業なんですけどね!

 

 

でも夏の授業を取るので、まあ、夏休みは2ヶ月ないくらいですかね〜ほぼ1ヶ月半くらいの!

 

 

そんな感じで残りもA目指して頑張っていこうと思います!

 

 

さてさて、今日のタイトルは「哲学の授業ってどんな?」ということなのですが、そもそも哲学自体がほわっとしているので、専攻決めなどで迷ってる人で気になる人はいるのではないでしょうか?

 

 

春学期は記号論理学の授業を取っていて、クラス名は Deductive Logic(演繹論理学) です!

 

 授業内容を簡単に説明すると、議論が無効か有効かを証明したり、有効で確からしい論理を立てるにはどうしたらいいか、みたいなことを学んで行く授業です!

 

 

しかしこれは完全に数学みたいなかんじで、とにかく記号しか使いません。

 

 

数学は数字をaとかxとかの文字を使って公式化しますけど、論理学は言語をそういった記号を使って公式化していくかんじって言ったらわかりやすいかもですね!

 

 

見た感じはこんなんですね!

f:id:allyryugaku:20170517042308j:image

f:id:allyryugaku:20170517042417j:image

f:id:allyryugaku:20170517042512j:image

f:id:allyryugaku:20170517042757j:image

f:id:allyryugaku:20170517042808j:image

 

 

最初は全くゼロから学ぶので難しかったんですけど、だんだんコツコツ積み上げていったらわかるようになりました!

 

 

これは哲学メジャーの人にとっては必修だと思うんですけど、The 哲学!ってのだけをやってるわけではないんですね〜

 

 

例えば問題で、

 

「お父さんはは、私が彼の車を洗った場合にのみ20ドルくれると言いました。私は父の車を洗いました、それゆえ私は20ドルもらえます。」

 

 

こういった論理を立てた時に本当にそうなのかを確認するために記号論理学が出て来ます。

 

 

普通だったら、これは正論だ!ってすぐになるじゃないですか?

 

 

でも、これ実は無効なんです。

 

 

f:id:allyryugaku:20170517043033j:image

 

このように

B= I get $20

C=I wash Dad's car

 

と置きます。

 

そしてこの議論の内容を記号に置き換えると

 

前提が、B→C と C となり、

結論が B になります。

 

これをTruth Tableという表で見て見ましょう。

 

TはTruthのTで日本語では “真” です。

FはFalseのFで日本語では “偽” です。

 

それぞれの前提が真であるときと偽であるときを試してみると、オレンジのラインが引いてある、

 

前提がともに真である時に、結論が偽になる

→ T  T   F

 

っていうのは論理学の決まりで無効なんです。

 

 

論理学のルールとして、有効な議論は、前提が全て真ならば結論は絶対に真でなければならないっていうのがあるので、この場合1つでも可能性の中に T  T   F があると議論自体が無効になってしまうんです!

 

 

 

なので一見正論に見える議論も、記号論理学を通してみれば実は無効なのです!

 

 

 

こーんなことをやっています!

 

 

夏学期はバークレーでまた論理学を取って、秋は哲学史を取ります!

 

 

 

ところで昨日哲学のミッドタームの結果が返って来ました………

 

 

 

 

 

 

結果は……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:allyryugaku:20170517045335j:image

 

 99 / 100

 

でした!!!!!!!

 

 

 

スッゴク嬉しかった!!!哲学の授業でこんなにうまくいってることってないから、ほんとーーーーに嬉しい!!!!!

 

 

 

クイズは7回あるんだけど、最初 6/10 でめちゃくちゃ絶望して、そっからまじで勉強したから結果が目に見える形で出て来て本当嬉しい!!

 

 

しかも必修教科だからミスれないし!

 

 

 

まあそんなかんじで今のところは全部の教科いいかんじですあー!

 

 

ではでは!

毎日がプレッシャーとの戦い

 

 

 

「私は本当にこのまんまでバークレーに入れるのだろうか。」

 

 

 

こんな不安に最低週に一回は押しつぶされそうになる。

 

 

私なんかよりもっともっとみんなは頑張ってるだろうし、専攻の哲学の授業だって、いくらがんばったって完璧が取れない。

 

 

ブログでは前向きなことを書いて自分を奮い立たせようとするんだけど、やっぱり内心は不安だらけで。

 

 

 

大学なんて通過点で、それの過程で培ったことやアメリカで得た経験の方が大事ってわかってるけど、やっぱり2018年の春にバークレーからの Congratulations! から始まるEmailをもらうためにここに来たから。人生のうちで自分が設定した目標を達成していくことって一番大事で、人から感謝されることや誰かの絶対的存在になることと同じくらいの生きがいになることだと思うんだ。

 

 

だから絶対バークレーに入りたい。

 

 

 

最近予定してたいろんなプロジェクトとか、とにかくいろんなことがうまくいってなくて、それは全部自分のせいで。学校もなんとか頑張ってるけど、なぜか完璧には行かなくて不安が募るばかり。

 

 

進まなきゃ、完璧じゃなきゃ、っていう思いと、なかなかうまくいかないギャップにいつも苦しめられて、このまんまでみんなは、自分は喜ぶんだろうかっていつも考えてる。

 

 

周りの友達とか彼氏とかに恵まれたのが唯一の救いだった。

 

 

自分は支えられてるんだなってことを日々実感してる。

 

 

 

でもやっぱり常に緊張感を持って、予定を立ててこなしていくって本当に大事。このまんまじゃいけない気しかしてない。

 

 

自分がダメ人間じゃないってことを証明したい、両親にとにかく認められたいっていうバカみたいな理由も大きいんだけど、やっぱりバークレーに入りたい。

 

 

 

泣くくらいプレッシャーを感じることもあるけど、私は絶対に負けない。もっともっと全部頑張って、死にたくなるくらい努力したい。

 

 

賽は投げられた。

神様はなぜ白人なのか

 

 

 

日常で色んなことを疑っていく上でふと、神様について考えてみたら、

 

 

神話とかの宗教絵画って大体登場人物白人だなーと思ったんだよね。

 

 

そりゃあ白人至上主義時代に描かれたものだから白人に決まってるのだけど、今考えてみると、人類の起源はアフリカだから神様は黒人のほうがしっくりくるんではないかと。

 

 

神話とか歴史的風習とかにロジックを求めるのは無粋極まりないんだけど、なんか納得いくのってそっちだなーって思った。

 

 

 

昔はさ、インターネットとかテレビとかもちろんなかったから他国民同士の情報共有の手段がほぼ皆無で、むしろ自分たちと違う人種の人が存在してることにすら驚いてたくらいだから、自分たちと同じ人種の神を奉るのは至極当然なことだよね。

 

まあでも今は色んなことが明らかになってるから、「神はなぜ黒人ではないのか?」くらいの提案型の疑問を持ってもいいよね。

 

 

 

 

だって本当に本当に永遠不滅の神が存在するんだとしたら、人類の起源である黒人、てかむしろ人間の形はしていないと思う。

 

 

 

 

そしてやっぱり宗教として神を人間の形にしてしまうとキリスト教の三位一体みたいに不具合が出てきてしまうし、人間と少なからず似てるところから矛盾が生じてしまうよね。

 

 

だからこそその矛盾に対しての争いが起きてしまう。

 

 

平和な宗教ってのはそもそも人間が神でない、多神教な気がするのは、そーんな色んなことが理由なのかな〜とか思う昼下がりである。

 

 

 

 

 

 

韓国スーパーで見つけた日本のパクリ品

 

 

 

 

こんばんは〜

 

 

 

最近綺麗でいい感じの韓国スーパーを見つけたんですが、日本スーパーよりも全然安くてびっくりしました〜!

 

中国系スーパーとかはいろいろと怪しいものもあるので日本か韓国系でアジア系食材はすませるっていうのが私のスタイルです!ってかほとんどの日本人留学生はそんな感じだと!

 

 

 

しかーし!

 

 

中国系スーパーはもちろん、韓国スーパーでもなんだか見覚えのあるような商品がいくつか目に飛び込んできます……

 

 

f:id:allyryugaku:20170430181025j:image

 

このへんはもう既視感のオンパレードですね。

 

 

f:id:allyryugaku:20170430181033j:image

 

 

そしてこれはポッキーと全く同じ見た目、味の”pepero(ペペロ)”!

 

ポッキーよりは安いのですが、これはパクリと言っていいでしょう笑

 

 

他にも様々なところでpejoyというポッキーに似たお菓子を見つけるのですが、これはポッキーの公式の海外版なのでパクリではなく、英語版ポッキーです!

 

 

名前が違うシリーズで驚いたのは、カルピス!なんと、アメリカではCalpico(カルピコ)というのです!

 

なぜかというとcalpis(カルピス)は英語で発音するとCal(カリフォルニアの愛称) Piss(おしっこ)という意味に聞こえてしまうのでアメリカでカルピスはカルピコになっているのです!

 

 

 

 

f:id:allyryugaku:20170430181040j:image

 

 

そしてこれはもう……

 

 

パクるにしてもどうしてパッケージを似せるのか……

 

 

ガリガリ君のパロディもあるらしいので、なんか韓国も中国までいかないものの、結構ですね笑

 

 

まあ!安いのでありがたいのですがね!笑

 

しかも探すのも面白いですしね〜

 

 

 

では今日はそんなところで!

 

 

ばいちゃ!

わたし以外わたしじゃないのは当たり前なのか

 

 

『あなた以外があなたではないことを説明して下さい!』

 

 

 

こんな質問をされたら、あなたはなんと答えますか?

 

 

 

「めんどくさいやつ……」

 

と、大半の人は答えるでしょうね!笑

 

 

では、

 

『あなたは誰ですか?』

 

 

と、聞かれたらなんと答えますか?

 

 

「カワグチ タダシ。早稲田大学三年。」

吹奏楽部に所属する高校一年生です。」

「かれこれ15年ラーメン屋店主をしているサカモトです。」

 

 

こんな感じの回答が返ってくるかと思います。

 

 

 

でもこれらの説明は自分が自分であることを説明するのに十分な回答なのでしょうか?

 

 

 

吹奏楽部の高校一年生のスズキ マミは全国に何人もいると思いますし、世界中を見渡して、自分とほとんど同じ経歴を持った人がたくさんいた場合、他者との違いを言葉で説明するのはとても難しいことなのかもしれません。

 

 

『わたし以外本当にわたしじゃないのか?どこまでがわたしなのか?』

 

という質問を投げかけた時に、ある人は

 

 

「外膜で物質と物質が離れているからそこで区別する」

 

と答えるかもしれません。

 

 

でも分子レベルで世界を見た時そもそもモノに区切りなんてないみたいなことを理系の友達が言っていた気がします。

  

違ったらごめんなさい。

 

 

でも世界は言語で言語で区切られていて、本当に何と何が繋がってて切てるなんてわからないです。

 

例えば机の上に猫がいるとして、机と猫という言葉がなかった場合、机の上に猫がいる状態を1つのものと考えることになります。極論。

 

机の上にパソコンがあるという状態も、言語がなければ机とパソコンが違うものであると区切れないどころか、床、家、土など全てが繋がってしまって、世界を区切ることができなくなってしまいます。

 

 

文系脳サイドからしても、少なくとも私は世界を区切っているのは言語だと思っているので、本当に何と何が区切られているのかはわかりません。言語は人間が作ったもので、いつも変わり続けているので不十分です。

 

 

 

「じゃあ、自分でコントロールできるところまでを自分と呼ぶ」

 

 

と、答える人もいるかもしれません。

 

 

 

でも、考えて見て下さい。

 

手とか足とかは末端は自分でコントロールできるかもしれませんが、心臓や腸や肝臓はどうでしょう?

 

 

自分の定義にもよるので、「脳から指令を出して動いている!」とも言えますが、意図的に内臓をコントロールできますか?

 

 

「ダイエット中だから食べた後、腸の動きをいつもより二倍早くして寝よーっと!」

 

 

とかできる人いますか???

 

 

そして、自分はその他の外部からも影響を受けています。

 

 

例えば、私は偏頭痛持ちなので雨が降っている日や曇っている日は頭や目の奥が痛くなります。

 

ってことは空が私の頭痛をコントロールしてるから空も自分なのか?

 

という疑問が浮かんできますが、もちろん違いますよね?

 

 

そう考えていくと、

自分と他者、自分と外部を区切ることは案外難しくて、私以外が私ではないのを当たり前だというのは難しそうです。

 

 

だから私たちは一生アイデンティティに苦しんでいくんですね。

 

 

私もUCアプライや就活になったら自分とは一体なんなのか、どうして必要なのか、っていうのを考えなければいけないのでこの議題は深く追求する必要があります。

 

 

 

f:id:allyryugaku:20170425121236j:image

 

 

自分は人と違うユニークな大学生活を送ってきた!!と思っていても案外文字に興してみるとなんら人と変わらない感じになったっていうことが就活では多いですもんね。

 

 

 
今日書いた内容は前半ほとんどが屁理屈だったり極論だったりしましたが、自分がユニークな自分自身という存在であるということを説明し、人に伝えることは簡単に見えて実はめちゃくちゃ難しいということを言いたかったわけでした!

 

 

なんか今回はほんとまとまりがなくて前半部分と後半部分でいきなり変わるみたいな感じでしたが、思ったことをつらつら書く備忘録なのでその辺はご勘弁を!

 

それでは今日はこの辺で!

 

あでぃおーす!