シリコンバレーの大学生日記

シリコンバレーのコミカレに2016年秋に入学し、2年後カリフォルニア大学への編入を目指す留学日記で…。したが、なぜかオランダのLeiden Universityに2018秋に入学することになり最近は弁護士になりたい私のジャーニー記録です。Twitter @Japan__America

私たちが今恐れるべきこととは

ãå®å®éçºãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

昨日の夜二年ぶりにもののけ姫を見たんですが、自然と人間の曖昧な関係を哲学の授業でたくさん学んでるのでより一層もののけ姫の解釈や分析が捗りました。

 

人間って自然がないと生きていけないし、自然も人間の力を借りることでその内在的な可能性を最大限にできる。(例えば木は自然に育つけど人間が肥料をまくことで自然が力を最大化できる)相互依存関係に見えがちなこの関係だが私たちは一般的に人間社会を自然の反対として位置付けている。このように「私たちは自然から生まれたのに自然と対立する立場にある」という曖昧な関係を近代ヨーロッパ哲学者たちは扱ってきたわけです。

 

こんな曖昧な関係を持った人間社会と自然なのですが、基本的に人間は自然に依存しています。これというのは資源の問題です。私たち人間の自然資源使用スピードが早すぎて、2030年には人間が地球を食べ尽くすと言われています。(↓ソース)

 

 

rief-jp.org

 

→ とはいえ資源は地球には無限にあって、人類がどう創意工夫して資源の可能性を見出してそれを使うかにかかっていますし、石油の枯渇は昔から言われていますが未だに枯渇する時は先延ばしにされ続けています。資源がなくなるというより人類がどう資源を掘り出すか、そこにある資源をどうエネルギー資源として使うかと言う技術の発展に関わってくるところもあります。

 

 

情報技術の進化よりも宇宙開発の発展へ

 

そこで代替資源の一つとして宇宙から資源を調達すると言うアイディアがあります。 

 

NASAなどの世界有数の宇宙開発研究機関はもう地球外での資源の調達や太陽系の植民地化などを図っています。しかし世界中の機関がそのような解決策に力を入れているわけではなく、宗教的理由でそれができない国もあります。

 

私たちって最近ITテクノロジーなどの「あったら便利だな」的要素にフォーカスしすぎている気がするんです。あったら便利だなというものより「人間の地球での存続」の方がよっぽど緊急事態で時間とお金をかけなければいけないことなのに。代替資源だけでなくとも、将来を見据えて宇宙開発をしていくことは必須だと思います。

 

資源枯渇の可能性だけでなく、来たる可能な危機のためにも宇宙開発は大切だと。

 

これって人間の歴史で見ても何も予測できなかったことではないですよね。

 

村で食料や資源がなくなったら他の村から奪い取って、国の資源がなくなったら他の国に資源を求めて戦い、地球の可能な資源を使い果たしてしまった時は他の惑星に頼るしかない。

 

村や国同士とはレベル違いの努力を人間全体でなさないと、いつかは人間は地球で生きるすべがなくなってしまいます。村や国レベルはあくまでも私たちの手の届く場所ですが、宇宙となるともう世界中の国が大金を出し合って優秀な人材をかき集めて人間全体のプロジェクトにしないと間に合いません

 

 

本当に怖いですよね。ここ数年でアマゾンの社長やテスラの社長をはじめとする世界の億万長者たちが巨額の資金を地球外での資源調達や植民地化に出し始めていますしね。

 

 

近年、人間は人類としての開拓のパワーを失っているように思います。1900年代にはロケットや飛行機の開発が進んで人類が一つ上のステップを進むことに世界中がフォーカスしていました。そして1969年のアポロ11号の世界初の有人月面着陸の成功によってに宇宙開発競争は頂点を迎えた。しかし1975年の米ソの共同宇宙開発計画を機に世間の注目は薄れ宇宙開発競争自体が終焉を迎えた。

 

そこから私たち人間は人間社会のためのテクノロジーや情報などに焦点を向け始め今に至ります。でもこの宇宙開発へのフォーカスが人間のためのテクノロジーに変わったのって決していいことではないと思うんです。広げるより深めていっている感じが、これでいいのかな?って。

 

テクノロジーの発展を否定しているわけではないんですが、メインフォーカスを当てるところが違うくないですか?ということです。

 

 

私、将来的にはテクノロジーは衰退していくと思うんです。と言うか、もう人知の及ばないとことまで行ってしまった時、結果的にはある程度を残して私たち自身が放棄していくと。テクノロジーに人間が支配されるというよりも、人間がテクノロジーに負けるという感じですかね。そんな気がするんです。

 

 

深み深みに行くよりもっと私たちの外を研究して開拓していくべきなのではないのかな、と思います。

 

 

なぜこうなってしまったのか?

 

なぜ70年代からこうも簡単に宇宙開発へのフォーカスがなくなってしまったのか?宇宙開発はいつだって国をあげたプロジェクトだったので政府の意図が関係していそうです。

 

これもまた本当に怖いことです。

 

こんなにも重要なことがなぜ政府の意思によってフォーカスを外されてしまったのか?政府は私たちに何を隠しているのか?それともただ単にもう仕方がないことだと諦めてしまったのか?

 

アメリカにいるとき元政府関係の人たちや宇宙開発研究機関の人から色々話を聞きましたが、政府の陰謀って漫画っぽいですが本当のことなんです。まあ最近トランプとロシアの間のことやらが話題にもなったのでみんなわかり始めていると思うんですが、もしかしたら北朝鮮アメリカと組んで何かを計画しているのかもしれませんし、本当にその辺はただの都市伝説なんかではありません。

 

そういうのを見ると宇宙開発がここまで必要性を深めている中で世界中がそれをやめたのって本当に怖いことだと思います。

 

 

それに加えて、私は科学やテクノロジーは深いことはわからないんですが、「なぜテクノロジーの発展はこんなに早いのに、政府が深く関わっている科学分野の発展はこんなにも遅いのか?」といつも疑問に思っています。

 

専門的な人に聞いたら何か理由があるのかもしれませんが、これももし政府の何らかの意図だとしたらまた怖いですよね。

 

 

まとめ

 

話がちょっと変な方向に進んでしまいましたが、とにかく私たちはみんなこの事態に目を向けるべきです。とはいえ個人では何ともならず、世界中の政府が動くレベルでないと何とかならないんですが、危機感を感じるべきです。

 

そして私たちがまた宇宙開発にフォーカスを戻して宇宙からの資源調達が可能になれば、極端な話、もののけ姫でいう地球上での「自然と人間の共存」は実現すると思うんです。

 

宇宙から自然資源を調達してもまあ一時的な解決策には変わりないんですがね。

 

 

長くなってしまいましたが、またもののけ姫を見て新しいことに気が付けました。

 

私は専門家でも何でもないので正しい知識での訂正などがあればコメントください!

 

では。

人間が本能を克服する時代の到来

ãå²å­¦ãããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

来週からミッドタームで勉強してるんですが、なにせ6つの授業すべてがあらゆる分野の哲学なので、インプットが多すぎてどうしてもアウトプットしたかったのでブログを書くことにしました。

 

 

ホッブズやルソーなどの哲学者から始まる近代哲学では、「人間と自然」というのがテーマでした。

 

というのは、「人間は自然の一部なのか?」「人間と自然は完璧に離れているもので、人間社会は自然から逸脱した存在なのか?」「私たち人間は、自然の目的のための道具であるのか?」「そうだとしたらどういう人間社会が理想的なのか?」などを徹底的に近代の哲学者たちは考えていました。

 

しかし科学技術が発展した今、私の意見は、「現代の人間社会の発展は自然の本能である子孫を残して種として繁栄するという目的からハズレ始めているため、もはや人間自体が自然から逸脱し始めている」というものです。

 

確かにこの高みを目指し続けるというのは人間の本能なのかもしれませんが、技術が高度に発展しすぎていて、それが社会に将来的に及ぼす結果を誰も想像できないことから、結果的に自然から逸脱する方向へと進んでいるのだと思います。

 

 

そして戦争がほとんどの国でなくなったことから、社会が安定し、個人個人が幸せに暮らすためには?ということが課題になってきたことに加えて、

 

個人主義西洋文化の影響で世界中にこの課題が広まりました。

 

 

個人の権利のぶつかり合いは複雑を極め、私たちは「習慣」という人間心理を克服しなければいけないという時代になりました。

 

というのは、人間は習慣という人間心理に基づいて生きています。例えば私たちは、ご飯を食べたらお腹いっぱいになって満足するというのを習慣的に知っています。自分の経験からパターンとして物事を信じること(習慣)を私たちは日常的に行なっています。

 

そのように、カテゴリーとして分けてしまうことや今までの文化的な「当たり前」を当たり前として信じて生きていくことは自然なことなのです。

 

 

しかし複雑なことに現代の倫理はそれをよしとしません。

 

 

人間の本能だから仕方ないことでも、いいことと悪いことはある。それは世の中の自分を含める個人個人が幸せに暮らすために、仕方のないことでも間違っていることは間違っているとする考え方が現代社会に生まれてきました。もちろんここで言いたいのは人種問題、ジェンダーや階級に対する社会問題です。

 

 

これってすごく複雑なことだと思うんですね。今までにないくらい複雑なこと。

 

だからまだ世の中には「考えすぎだよ、馬鹿馬鹿しい」とか「そんな窮屈な世の中じゃあつまらない」とかいう人もたくさんいると思います。

 

 

しかし歴史的に私たちのDNAに組み込まれた習慣はそう簡単には変えられないとはいえ、それでプレッシャーを感じたり、不安な気持ちになってる人は数え切れないほどいます。

 

 

私たちがこの課題をどう人間として克服していくのかは本当に難しい問題になると思いますが、私はこの動向はいいことだと思っているので、

 

まずは視野を広くして(これまた難しい)気づくことから頑張ってみて、矛盾しながらも他人を理解するような行動が取れる日がいつか来るのかなと願いながら生きていこうかなと思います。

 

この前の記事の『人生山あり谷あり』の記事でも結論として出たように、絶望の現実を理解し受け止めた上で私たちは理想を追い続けるべきだというのを私は信じているので。

 

 

(でも本当に嫌なことやムカつくことがあった時は相手を理解しようと無理はせず、時間を置いて何年か後に振り返って学んで、それを理想のために実践がいいのかなーとオランダに住んでて思います。笑)

 

 

ではこんなところで、そろそろ勉強に戻ります!

 

 

日本語がまじで話せなくなってきた・・・

 

 

留学あるあるですが、最近まじで更に日本語が下手くそになっている・・・

 

 

というと、

 

「たかが留学3年目で日本語忘れるわけないやろ」

 

という人もたくさんいると思います。でもそういう人は留学してみるとまじでわかります。習慣というものが私たちの行動にものすごく深く関わっていて、やはり同じ新しい習慣に慣れてしまうと元に戻るのは大変なのです・・・

 

これは言語だけに限らず、食べ物も何もかもそうです。

 

 

し!か!も!!

 

考えてみてください。

 

私がとってる授業はもちろんすべて英語なので、勉強内容を話すときにいちいち翻訳して日本語で話さないといけないんですが、専門用語は日本語でも知らなくて英語でしか習ってないから翻訳できない!!!のです。

 

例えば、Dualism over nature and cultureだと自然と文化の二元論?みたいな?でもここでのCultureって文化としてのCultureでなく、人間の創造物で自然の反対としてとられるCultureなんですよ。だから文明の方が正しいのかな?みたいな。

 

しかも二元論という言葉を日本語で知らなかったらもうDualismはDualismだよ・・・そう習ったもん・・・としか言えないわけです・・・

 

 

そして日本の友達などと日常会話を超えた恋愛やアカデミックの話をするともう日本語が出てこなくて本当に拙い日本語になる。。。特に何かを説明してる時、日本語の単語が出てこなさすぎて、「だからこの理論とこの理論はcontradiction.....って日本語でなんだっけ。。。」みたいな。だからいちいち変な遠回しの日本語を使ってしまう・・・・これ本当に深刻な問題です・・・

 

私日本で就職でもすることになったらどうすんだろうって感じです・・・

 

 

だから英語と日本語をごちゃ混ぜで適当に口まででてきたものを話せる友達ってまじで大事!!これのせいで日本語が下手になってる説あるけど、日本ってこの留学生日本語下手になる現象に厳しくないですか?

 

留学して日本語が拙くなるやつはそもそも英語も話せない!

 

だの、なんだの・・・

 

 

いや、人間は習慣に行動パターンを決められているのだよ、、、と言いたい、、、、

 

 

アメリカにいた時はそれなりに日本人周りにいたから会話能力はまだましだったけど、オランダ本当に日本語話す機会なくなって伝える力がどんどん低下してきてる・・・・

 

 

ブログとかツイッターで書くことはしてるし、漢字はほぼ忘れてないんだけど、喋りが本当やばい。

 

 

書くと思考が整理されるし、整理されてないと文章化できないし。だからなんなら日本人とは全員筆談をしたい。そうしたら私の言いたいこと伝わると思うし・・・・

 

 

そんな真剣な悩みでした・・・・・

 

 

日本に帰ったらまた色々言われるでしょうがもうしょうがないし、それは人間の行動学によるものなので・・ということにしましょう。

 

 

留学生の独り言でした・・・

合格した私のカリフォルニア大学出願エッセイ

ãUniversity of Californiaãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

来週ミッドタームで今忙しいので長くならない程度にチャチャっと私がUCアプリケーションのパーソナルステートメントで何を書いたか

紹介したいと思います!

 

 

まず私が選んだ四つの質問はこちらです。

 

 Please describe how you have prepared for your intended major, including your readiness to succeed in your upper-division courses once you enroll at the university.

 

 Describe an example of your leadership experience in which you have positively influenced others, helped resolve disputes, or contributed to group efforts over time.

 

③ What have you done to make your school or your community a better place?

 

④ Beyond what has already been shared in your application, what do you believe makes you stand out as a strong candidate for admissions to the University of California?

 

 

 

んで答えたことはざっくりと説明すると、

 

 Please describe how you have prepared for your intended major, including your readiness to succeed in your upper-division courses once you enroll at the university.

 

高校の時になぜ文系の教科は好きで全部できるし、学生団体運営やビジコンなどもしてるのに、ここまで理系教科ができなかったりイメージ通りの完璧になれないのかということに悩んでいた。そこで長らく考えた結果、そもそも個人はその人の環境やバックグラウンドによって能力や育ち方が決まってもはや自由意志というのは存在しないのではないか?という疑問を持った。そこから哲学に興味を持ち始め、コミカレでは哲学の授業をできるだけたくさん取った。その中でも倫理学と論理学にとても興味をもち、さらに深くを探求するべく、夏にカリフォルニア大学バークレー校で論理学の授業をとり、良い成績を納めた。私が哲学を学ぶことは自分が興味があるだけではなく、将来の目標とマッチしているので、哲学以外に私が専攻したい学部はない。

 

 

 Describe an example of your leadership experience in which you have positively influenced others, helped resolve disputes, or contributed to group efforts over time.

 

私はリーダーというものは【全てを完璧にこなし、他のメンバーから憧れられる存在だ。】と、自分自身が学生団体を立ち上げリーダーになるまで思っていた。私は高校一年生の時にイベント企画系の学生団体を立ち上げ高校三年生になるまでやっていた。そこで学んだのは【リーダーというものはむしろ何もしないでいる存在なのだ】ということ。というのは、リーダーというのはバランスを保つことにフォーカスしなければならないので全てをこなしてしまっては他のメンバーのやることがない。そうなればメンバーがそこにいる意味もなくなってしまうので、みんなついてこなくなってしまう。リーダがむしろするべきことは、全員に仕事を分担し責任を持たせることで達成した時に【やった感、次へのモチベーション】に繋がり、これを繰り返していくことでチームとしての能力が上がっていく。そしてリーダーはメンバーが困った時には絶対に助けることでそこに信頼が生まれる。このようなことは実体験なしには考えられなかったことだ。この高校生団体は今年五代目に引き継がれ、毎年実績を積み続けている。

 

 

③ What have you done to make your school or your community a better place?

 

私は高校生の時学園祭実行委員長をやっていた。私の学校はとても大きい学校で、学園祭はほぼ生徒が運営していた。ここで実行委員長の私と執行部の十人ほどのチームでどうしたら従来とは全く違ったイノベーションを学園祭に持ってこられるか、ということにフォーカスして新しい策を練っていた。しかし、イノベーションとは聞こえが良いが、そんな意気込みも虚しく、私たちは【今ここにあるすべてのものには理由がある】ということに気がついた。そう、私たちがパッと考えられることなど過去の人たちも考えたに違いなく、それができない理由があるからこの学園祭がこのままに止まっているのだ、と。しかし私たちは諦めなかった。そこで私たちはそこにある問題点をすべてリストアップして面白い形で解決できそうなものを探した。私たちの学校はコースが分かれていてコース間の交流が少ない。そして大きい目玉イベントもなく、前庭が空っぽであるのが寂しいという三つの問題から一つのイベントを思いついた。それは学園祭のパンフレットのはじに赤と黒で色分けした番号を配布前に私たちで書き、当日に全校生徒が同じ番号を持つ異性を見つけて前庭の抽選会場にて2人でくじ引きをする。というものだった。このイベントにより問題はすべて解決され、良いフィードバックももらい、その後もこのイベントは引き継がれたそうだ。

 

 

④ Beyond what has already been shared in your application, what do you believe makes you stand out as a strong candidate for admissions to the University of California?

 

 疲れてきたので、笑。これはSNSのことについて書きました。特にブログ。どのくらいの読者がいるかや、記事の内容など。文字や媒体にすることでただの思い出が【経験】として自分の中に落とし込むことができる的なことを言いたかった感じですね〜

 

実際のエッセイの締めはこんな感じ。

 

I have been offering information not only for viewers but also for myself. I believe the things you have done stays a memory and does not become an experience unless you make it into some kind of recordable form since forming requires thinking and reflection. I can continue doing these social media accounts because it is both for other people and for myself. What makes me stand out as a strong candidate for admissions to the University of California is the ability that I have to transform my memories into experiences that I will be able to share forever, and help people with the experiences that I have created.

 

 

 

ライデン大学のはこれをぎゅっと滑らかに書き換えた2ページのシングルスペースのエッセイです!結構違うけどそれは載せることできないので!

 

 

ではこんな感じで!

 

 

さいなら〜

 

 

海外大学生のカバンの中身

f:id:allyryugaku:20181010024156j:image

 

こんばんは!

 

なんとなく気が向いたのでカバンの中身を紹介したいと思います〜

 

 

これが多いのか少ないのか全くわかりませんがとりあえずカバンは重いですね。あとは時々リップとかパスポートとか食べ物とか入ってます!

 

 

そして中身はこちら〜

 

f:id:allyryugaku:20181010023825j:image

 

Macbook:これはノートテイキングからリーディングから課題から何から何までラップトップがないと何もできない!全てこれひとつで勉強してます!

 

H&Mの安い水筒:H&Mでセールになってた安いスポーツ用の水筒なんですが、これを毎日使わないと飲み物代はバカにならないので・・・

 

③お財布: 基本カードなのでキャッシュは2ユーロくらいしか入ってないですが、中には在住カードや保険のカードやデビットカードを含めた重要なものがたくさん

 

④ 目薬:ロートZは必須で、日本に帰った時にまとめ買いしてちょこちょこ使ってます〜

 

⑤ ベルシュカのスケジュール帳:毎日のやることやプランは細かく決めなければいられないのでスケジュールというより勉強の整理帳という感じですね!

 

サモトラケのニケのフォルダー:これはルーヴル美術館で買ったやつなんですが古代と近代の美術史が大好きなのでお気に入りです〜

 

⑦ 定規とペン:定規は時々使って、ペンも時々使うので

 

⑧ サングラス:自転車乗ってる時に眩しいので晴れてる日はほぼ使いますね

 

⑨ メガネ:これはブルーライトカットなんですが、ラップトップで長時間全てをこなす毎日では目が死亡するので夜勉強してる時や授業中などにかけるようにしています!

 

本は全部パソコンで電子書籍を使ってるのでないですし、ノートも使ってないのでその分は軽いのかな?

 

 

 

こんな感じですかね!あとは付箋もいつも入ってますね!そういえば!リマインダーとしてそこら中にペタペタ貼り付けてるので。

 

そんでリュックは私の服装に合わないのでこのバッグ使ってるんですが、重くて肩がめっちゃ凝る・・・・が、オランダ人結構みんなおしゃれで私も身なりをきちんとしないとというプレッシャーがあるのでこのバッグを使い続けます・・・

 

ま、いいや、今日はこの辺で!

 

アディオース!

 

f:id:allyryugaku:20181010023304j:image